学校長あいさつ

  • 学校長あいさつ

甘利小学校の教育

韮崎市立甘利小学校は,甘利小学校,大草小学校,龍岡小学校の三校が統合し,昭和58年4月に開校しました。今年で創立36年になります。この地域は,旭・大草・龍岡の3地区を学区としており,古くから甘利郷と呼ばれています。「八ケ岳を背に,富士と真向かい」と校歌に歌われるように,北に八ヶ岳,南には富士山,西には甘利山や南アルプス,東には茅ケ岳が望める,風光明媚な自然豊かな地域です。
甘利小学校では,を合い言葉に,全校児童451名が明るく楽しく学校生活を送っています。かつては,児童数が770名を超え県下でも有数の大規模校でしたが,今年初めて全校児童が500名を下回りました。
甘利小学校では「豊かな心を持ち,自ら学ぶ子ども」を教育目標に掲げ,『凡事徹底』を芯柱にした教育活動を推進しています。『凡事徹底』を合い言葉に,当たり前のことが当たり前にできる児童を育成し,「みんなが笑顔,みんなが大好きな甘利小」を目指しています。はきものを揃える取組を手始めに,自分からあいさつする子,もくもくとそうじする子,目と耳と心で話をきく子,ていねいな字を書く子など当たり前のことが当たり前にできることを大切にしています。
現在甘利小学校は,校舎の大規模改修の最終段階に入っています。今年の二学期からは,素晴らしい校舎に生まれ変わります。多少の不便はありますが,新校舎の完成を楽しみに待っています。

平成30年4月6日 甘利小学校校長 長田 英和